神経内科Neurology

脳、脊髄、末梢神経、筋肉の障害によって起こるさまざまな病気に対して総合的な治療を行っています。

神経内科では、脳、脊髄、末梢神経、筋肉の障害によって起こるさまざまな病気に対して総合的な治療を行っています。
また神経難病の患者さんに福祉サービスの紹介や在宅介護へのアドバイスなどを行っています。神経内科の診察は主訴・随伴症状及び経過を十分に聴取することから始まります。次に専門的な神経学的診察手法により病変部位の特定や症状の原因となっている病気を推定します。
そのうえで神経放射画像検査(単純X線、CT、MRI、脳血流シンチグラフィなど)、電気生理学的検査(脳波、抹消神経伝導検査など)、血液検査、脳脊髄液検査を行い、診断を行います。
代表的な症状としては頭痛、ふるえ、しびれ、麻痺などがあり、代表的な疾患としては、てんかん、認知症、神経変性疾患(パーキンソン病関連疾患、脊髄小脳変性症、多系統萎縮症、運動ニューロン疾患など)、脳血管障害、末梢神経障害症、多発性硬化症、重症筋無力症などがあります。

【もの忘れ外来】
多くの高齢者や家族は、もの忘れがみられたからといって、すぐに病気と思い病院を訪ねることはしません。誰しもが経験する日常生活の中の当たり前の行為を受け止めているからです。家族が本人の異変に気付き、「診てもらった方がよい」と思うのは、もの忘れがひどく困り、家族が驚く行為に出会ってからのことが多いです。
以下の症状がある方はお気軽に相談ください。

・同じことを何度も尋ねるようになった。
・会話中にとっさに物や人の名前が出てこなくなり、あれ、それ、あの人と言うことが以前より多くなった。
・ものをどこに置いたか忘れることが多くなった。
・昨日の夕食の内容を思い出せない。
・財布がなくなった、誰かが盗ったのではないかということがあった。 など

てんかん

症状Symptom

  • 意識消失を伴う全身の強直性および間代性痙攣発作

検査Inspection

  • 脳波検査、頭部MRI検査、脳血流シンチグラフィ、心理検査

治療Treatment

  • 抗てんかん薬
閉じる
神経性変性疾患

症状Symptom

  • パーキンソン病およびパーキンソン病関連疾患、脊髄小脳変性症、多系統萎縮症、運動ニューロン疾患(筋萎縮性側索硬、脊髄性筋萎縮症、球脊髄性筋萎縮症)などが含まれます。

治療Treatment

  • パーキンソン病は適切な治療を行うことで症状の改善が期待できます。その他の変性疾患の多くは神経難病に相当し、根治療法がないのが現状ですが、福祉サービスの紹介や在宅介護へのアドバイスを中心に行っています。
閉じる
認知症

治療Treatment

  • 神経放射線画像検査や高次脳機能検査を施行し、多様な認知症の診断を適切に行い、その症状や病気に応じた治療を行っています。
閉じる
予約受付TEL:093-871-2760
予約受付時間:13:00~17:00
※前日の予約受付は15時迄です
午前9:00~12:00 午後13:00~17:00

横スクロールしてご確認下さい

神経内科豊田
(第2 ~14:30)
※受付時間は診察時間の30分前までとなります。
※緊急手術等により、診療スケジュールが変更となる場合があります。