産婦人科Obstetrics gynecology

日本産科婦人科学会/日本産婦人科医会のガイドラインに沿っての産婦人科疾患全般の診療。

基本的に日本産科婦人科学会/日本産婦人科医会のガイドラインに沿っての産婦人科疾患全般の診療。入院治療を要する場合は,極力短期間で行っています。手術治療は最終手段としています(例えば過多月経や月経困難症に対する子宮内薬物放出システムや低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬などを積極的に使用)。また,手術の反復はなるべく避けるように(例えば卵巣のチョコレート嚢胞に対する手術時期・方法)考慮しています。

医師紹介Introduction of doctor

横田 大介
産婦人科部長
所属学会
  • 日本産婦人科学会
専門医・認定医・指導医 等
  • 日本産婦人科学会(専門医)
    母体保護法指定医
不妊症

症状Symptom

  • 1年以上妊娠しない

検査Inspection

  • 子宮・卵巣の検査,ホルモン検査,子宮卵管造影,精液検査,頸管粘液検査,腹腔鏡検査(手術)など

治療Treatment

  • タイミング指導,排卵誘発治療,AIH(洗浄濃縮精液人工授精)
    多嚢胞性卵巣の場合は腹腔鏡下卵巣多孔(焼灼)術
    年齢を考慮し早めのステップアップ,ART可能施設への紹介
閉じる
子宮筋腫

症状Symptom

  • 過多月経,過長月経,鉄欠乏性貧血,下腹部腫瘤感

検査Inspection

  • 内診,超音波,MRI,採血

治療Treatment

  • 偽閉経療法,薬物放出子宮内システム処置,筋腫核出術,子宮全摘術(腟式,腹式)
閉じる
子宮内膜症

症状Symptom

  • 月経困難症,不妊症,慢性下腹痛

検査Inspection

  • 内診,超音波,MRI

治療Treatment

  • まずは対症療法や漢方薬。
    治療効果悪い場合
    黄体ホルモン療法,LEP(低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬),偽閉経療法を考慮する。
    卵巣の内膜症の場合,サイズや年令により手術(核出や附属器摘出などを腹腔鏡下あるいは開腹で)も考慮必要。
    子宮体部筋層の内膜症(腺筋症)の場合,対症療法,子宮全摘術(腹式,腟式),薬物放出子宮内システム処置
閉じる
卵巣腫瘍

症状Symptom

  • かなり大きくなった場合は下腹部腫瘤感,捻転したり破裂した場合は急性腹症

検査Inspection

  • 内診,超音波,MRI,CT

治療Treatment

  • 基本的に手術を要する(開腹あるいは腹腔鏡下)
    悪性腫瘍の場合は化学療法の要否を検討
閉じる
骨盤臓器脱

症状Symptom

  • 脱出感,排尿障害,尿失禁など

検査Inspection

  • 内診

治療Treatment

  • 軽度の場合は骨盤底筋体操
    中等度以上の場合はペッサリー療法(外来管理)あるいは手術(入院は短期間で可能)
閉じる
子宮がん検診精密検査

検査Inspection

  • 子宮がん検診で精密検査が必要になった方が対象です
    検診結果がASC-USの場合:まずHPV-DNA検査
    その他の場合:コルポスコピー下狙い組織診
閉じる
更年期障害

症状Symptom

  • ほてりなど種々

検査Inspection

  • 問診,ホルモン検査

治療Treatment

  • 漢方薬あるいはホルモン補充療法
閉じる
午前9:00~12:00 午後13:00~17:00
※午後及び土曜日診療についてはお問い合わせください。

横スクロールしてご確認下さい

横田横田横田横田横田横田
※受付時間は診察時間の30分前までとなります。
※緊急手術等により、診療スケジュールが変更となる場合があります。
※土曜日にご来院の方は夜間休日受付でのご案内となります。