形成外科Plastic surgery

生来の外表形態の変形などを治療しています。

形成外科では、生来の外表形態の変形や、顔や手足の外傷(ケガ)、顔面骨骨折、皮膚の腫瘍や潰瘍、褥瘡(床ずれ)、熱傷(やけど)、瘢痕(傷跡)などを治療しています。

医師紹介Introduction of doctor

奈良﨑 保男
副院長
所属学会
  • 日本形成外科学会
    日本熱傷学会
    日本褥瘡学会
専門医・認定医・指導医 等
  • 日本形成外科学会(専門医)
山住 賢司
所属学会
専門医・認定医・指導医 等
褥瘡

症状Symptom

  • いわゆる床ずれのことをいい、長時間臥床している患者に見られ、同一部位に長時間の圧迫が加わることにより発生する。圧迫による循環障害のため、組織が虚血性変化に陥り、壊死を起こし潰瘍を形成することもある。発生部位は仙骨部が最も多いが、大転子部・腸骨部・肩甲部・外顆部・踵部などにも生じる。

治療Treatment

  • 日常生活自立度・栄養状態などのリスク評価と、体圧分散マットレスの使用など適切な対応を行う。低栄養状態などの全身状態の悪い患者は、創治癒能力も低下するため栄養状態の改善など全身状態の回復を行うことも重要である。
    潰瘍に関しては、皮膚潰瘍治療薬(プロスタンディンなど)を使用や創傷被覆材により創傷治癒を促進する。
閉じる
新鮮熱傷(やけどの治療ーやけどの傷あとの治療)

治療Treatment

  • やけどはなるべく早く適切に処置することが大切です。
    浅いやけどでも数日で深くまで広がることがあり、深いやけどは瘢痕(きずあと)や瘢痕拘縮(ひきつれ)をのこして機能障害を起こすことがあります。

閉じる
手、足の外傷(外傷、巻き爪他、多合趾症などの先天異常)

治療Treatment

  • 足のたこや魚の目の治療、爪の異常、ひょうそう、指のケガや腫瘍、さらに手足の多指症、合指症など生まれつきの疾患も診療します。
閉じる
眼瞼下垂(まぶたの下がり)

治療Treatment

  • 加齢や長年のハードコンタクトレンズ装用などが原因でまぶたが開きにくくなり、ものが見えづらくなったり、頭部の筋肉が緊張して頭痛・肩こりの原因となることがあります。症状に応じて手術を行うことで改善できる可能性が高いので、ご相談ください。
閉じる
顔面の切り傷縫合痕~顔面骨骨折の手術痕

治療Treatment

  • 一度できてしまった傷あとは消えることはありません。とくに顔の傷あとは目立ちやすく、目立ちにくい傷あとになるように治療することが大切です。また顔の骨折(とくに鼻、頬など)は変形やしびれをのこしやすく、応急処置後は形成外科を受診してください。
閉じる
予約受付TEL:093-871-2760
予約受付時間:13:00~17:00
※前日の予約受付は15時迄です
午前9:00~12:00

横スクロールしてご確認下さい

形成外科奈良崎
山住
山住山住
※受付時間は診察時間の30分前までとなります。
※緊急手術等により、診療スケジュールが変更となる場合があります。