検査科

倉田 聖子

  • どんな仕事をしていますか?

    医師の指示のもと患者様の血液検査や生化学的検査などさまざまな検体検査を行いその結果データを医師に報告します。生理学的検査では心電図・超音波検査・脳波等行っています。患者様の治療方針の多くは検査結果によって立てられています。人体を検査する場合もあり、高度で専門的な幅広い知識を必要とします。

  • この仕事を選んだ理由は何ですか?

    高校三年生で進路を決める時に仕事選びの本で初めて臨床検査技師という仕事があることを知りました。もともと理系が好きでその方面の仕事に就けたらという思いもあり、女性でも長く働ける仕事で安定しておりなんかかっこいいなぁと単純に軽い気持ちで臨床検査技師になろう!!と思い選びました。

  • 仕事の魅力は何ですか?

    検査で見られた異常をいち早く医師に伝えることで患者様の病気の早期発見につながったり、検査は機械だけでなく人の手や目を使って行うため経験を積みより効果的正確に業務が行えた時に自身の成長を感じられるところが魅力の1つでもあると思います。

  • 今後の目標は何ですか?

    臨床検査の分野は多岐にわたり、おこなう業務内容は専門的になってきます。そのため検査技師のさらに上の認定資格制度があり超音波検査士などの資格を取得し仕事の幅を自ら広げて自分の仕事に対する自身や「やりがい」を具体化し成長していきたいと思います。

一日の流れday

09:00
検査業務
12:00
昼休み
13:00
検査業務
翌日の準備
17:00
当直業務