地域医療連携室

松下 優也

  • どんな仕事をしていますか?

    患者さんやその家族のかかえる経済的・心理的・社会問題に関する相談を聞いて解決するためのサポートを行っています。相談内容は多岐にわたり、院内スタッフのみならず、各医療機関、介護事業所、行政機関等の連携を図り、問題解決に努めています。また健康セミナーなどの地域活動も行っています。

  • この仕事を選んだ理由は何ですか?

    医療機関では、病気、ケガに対しての治療を行うことが大前提ですが、退院する際に、入院前のような生活が送れなくなっている患者さんも多くいます。そのような患者様の退院後の生活を共に考え、支援していくことが不可欠であり、ソーシャルワーカーが重要な役割を担っています。このことから、院内において医療以外の観点から患者様の問題点を抽出し、解決へ導き、退院後のより良い生活をサポートしたいと考えたからです。

  • 仕事の魅力は何ですか?

    患者様が退院後に不自由のない環境で生活が出来る様に入院中の間から医師をはじめ看護師、リハビリ、ケアマネージャーと連携を取り準備をしていき、実際に退院後充実した生活を送っているという報告があった時は、自分の仕事に喜びとやりがいを感じます。

  • 今後の目標は何ですか?

    当院は、包括ケア病棟、療養病棟、一般病棟の機能別の病棟があることから、今後ますます、退院支援業務と患者サービスの質の向上が求められていきます。常に患者様の立場に立ち、業務を通して患者様の退院後の生活をサポートしていきたいです。

一日の流れday

9:00〜10:00
病棟回り
10:00〜11:00
病棟看護師と打ち合わせ
11:00〜12:00
病棟カンファレンス参加
12:00〜13:00
昼休み
13:00〜14:00
患者様・ご家族と面談
14:00〜15:00
病棟カンファレンス参加
15:00〜16:00
入院患者様に関わる各関係施設との打ち合わせ
16:00〜17:00
記録整理