医事課

安藤 早紀

  • どんな仕事をしていますか?

    主に受付で患者さんの対応をしています。受診前には保険証を確認し受付、受診後には計算と会計を行います。そして、医療費を県や健康保険組合などへ請求するレセプト(診療報酬明細書)の作成や診療録(カルテ)の管理も大切な仕事です。どうすれば患者さんにとってより有益化を意識して働いています。

  • この仕事を選んだ理由は何ですか?

    高齢化社会が急速に進行し、医療への需要が高まっていくなかで、少しでも患者さんの力になれたら、と病院で働く事に興味を持ちました。そして、これまで病院に行った時のことを考えると、慣れない私に優しく受診の仲介をする受付職員の姿が印象的だったので、この職を志しました。

  • 仕事の魅力は何ですか?

    受診に来られた患者さんを、最初にお出迎えして最後にお見送りするところです。まず笑顔で「こんにちは」と挨拶を交わしてご案内をし、お帰りの際には「お大事に」とお声かけします。何気ない対応でも、患者さんにとっては病院の代表となることを自覚しつつ、患者さんの立場に立って接することを心がけています。

  • 今後の目標は何ですか?

    診療報酬の算定の制度は2年に1度大きな改定がありますし、その他にも頻繁に算定の指標が通達されます。制度をきちんと理解し、その変化により迅速かつ柔軟に対応することで、患者さんにいつ何を尋ねられてもお答えすることができます。もっと患者さんのお客に立ち、抱える不安を取り除くよう、知識を向上させていきます。

一日の流れday

09:00
受付
会計
翌日の予約カルテ準備
12:00
昼休み
13:00
受診済カルテ整理
レセプト点検
修正
16:00
レセプト会議