膠原病リウマチ科rheumatology

膠原病リウマチセンター

産業医科大学病院などの関連病院との病病連携や近隣地域の医療機関との病診連携を密に行っております。

膠原病リウマチセンター


関節リウマチをはじめ、シェーグレン症候群、全身性エリテマトーデスなどの膠原病を含めたリウマチ性疾患を中心に診断・治療を行っております。当科では、産業医科大学病院などの関連病院との病病連携や近隣地域の医療機関との病診連携を密に行っております。原因不明の発熱、関節痛や筋肉痛などの痛み、紅斑などの皮膚症状、レイノー現象など体調に異常を感じた時には、お気軽にご相談ください。当科では、患者さんにより個別の治療内容や包括的なケアが必要となることも多く、全人的および全科的診療に心がけ、他科の専門医との密な連携を行い、安全でかつ最新の考え方に基づく適切な医療を提供できるよう心がけております。



医師紹介Introduction of doctor

齋藤 和義
病院長
所属学会
  • 日本内科学会、日本リウマチ学会(評議員)、日本医師会、日本医師会、日本免疫学会、日本臨床免疫学会(評議員)、日本エイズ学会、日本感染症学会、日本骨代謝学会、日本急性血液浄化学会、九州リウマチ学会(運営委員)、日本炎症再生医学会(評議員)、日本インターフェロンサイトカイン学会、日本シェーングレン症候群学会、福岡県社会保険診療報酬請求書審査委員会審査委員、治験ネットワーク福岡(理事)、西日本アカデミア TRネットワーク
専門医・認定医・指導医 等
  • 日本内科学会認定内科医、日本内科学会認定総合内科専門医、日本内科学会指導医、日本リウマチ学会リウマチ認定医、日本リウマチ学会指導医、日本エイズ学会専門医、(日本感染症学会専門医、ICG)、日本臨床薬理学会指導医
名和田 雅夫
内科部長
膠原病リウマチセンター センター
所属学会
  • 日本内科学会
    日本リウマチ学会(評議員)
    九州リウマチ学会(運営委員)
    日本プライマリ・ケア連合学会
    日本病院総合診療医学会
    日本感染症学会
    日本化学療法学会
    日本糖尿病学会
    日本骨粗鬆症学会
    日本抗加齢医学会
専門医・認定医・指導医 等
  • 日本内科学会 認定内科医、総合内科専門医 、指導医
    日本リウマチ学会 専門医、指導医
    日本プライマリ・ケア連合学会 認定医、指導医
    日本病院総合診療医学会 認定医 
    日本抗加齢医学会 専門医
    日本化学療法学会 抗菌化学療法認定医
    ICD(Infection Control Doctor)
    産業医科大学産業医学基本講座修了 認定産業医
    日本医師会 認定健康スポーツ医 
    臨床研修指導医

藤田 悠哉

所属学会
  • 日本内科学会
    日本リウマチ学会
    九州リウマチ学会
専門医・認定医・指導医 等

主な疾患Main symptom

シェーグレン症候群、全身性エリテマトーデス、強皮症、混合性結合組織病、多発性筋炎/皮膚筋炎、ANCA関連血管炎などの血管炎症候群、抗リン脂質抗体症候群、ベーチェット病、血清反応陰性脊椎関節症(強直脊椎炎、乾癬性関節炎など)、成人発症スチル病、リウマチ性多発筋痛症、関節リウマチ、他疾患
関節リウマチ

症状Symptom

  • 手のこわばりが気になる
    関節に痛みや腫れがある
    口や目がかわく
    体がだるい
    微熱が続く
    朝食を作るとき動作に違和感を感じる
    歯ブラシが使いにくい
    お箸が上手に使えない
    ドアノブが回しにくい
    家のカギが開けにくい
    靴ひもが結びにくい
    ハサミが使いづらい
    ホッチキスが使いづらい
    パソコン入力がしづらい
    ペットボトルが開けづらい
    電車のつり革を持つ手に違和感がある
    パジャマのボタンが外しにくい
    TVのリモコンが押しにくい
    指先が白くなったり、痺れたりする(レイノー現象)

診断Diagnosis

  • リウマチ性疾患の中で最も多く、本邦では約80万人と言われております。2010年より分類基準が改定され、一つの関節の腫脹でも診断可能となっております。当院では早期診断の検査の一つとして関節超音波検査を行っており、早期診断・早期治療に心がけております。

治療Treatment

  • 治療法につきましては、メソトレキサートなどの抗リウマチ薬を中心とした治療を行い、抗リウマチ薬に治療抵抗性を示した場合には生物学的製剤の導入を行っております。治療目標は「寛解」と言われ、臨床的寛解・構造的寛解・機能的寛解の3つの寛解を目指していき、その結果薬剤フリー寛解(生物学的製剤や抗リウマチ薬の減量・中止)を目指していきます。こうした寛解導入および寛解維持を行いつつ、使用している薬剤の副作用にも注視して治療を行うことが重要です。
閉じる
その他のリウマチ性疾患

症状Symptom

  • 手のこわばりが気になる
    関節に痛みや腫れがある
    口や目がかわく
    体がだるい
    微熱が続く
    朝食を作るとき動作に違和感を感じる
    歯ブラシが使いにくい
    お箸が上手に使えない
    ドアノブが回しにくい
    家のカギが開けにくい
    靴ひもが結びにくい
    ハサミが使いづらい
    ホッチキスが使いづらい
    パソコン入力がしづらい
    ペットボトルが開けづらい
    電車のつり革を持つ手に違和感がある
    パジャマのボタンが外しにくい
    TVのリモコンが押しにくい
    指先が白くなったり、痺れたりする(レイノー現象)

主な疾患Target disease

  • シェーグレン症候群、全身性エリテマトーデス、強皮症、混合性結合組織病、多発性筋炎/皮膚筋炎、ANCA関連血管炎などの血管炎症候群、抗リン脂質抗体症候群、ベーチェット病、血清反応陰性脊椎関節症(強直脊椎炎、乾癬性関節炎など)、成人発症スチル病、リウマチ性多発筋痛症などの関節リウマチ以外のリウマチ性疾患に対しまして外来または入院治療を行っております。各種疾患の臓器障害や疾患活動性を評価しています。

治療Treatment

  • ステロイド等、免疫抑制薬や生物学的製剤などでの専門的加療を行っております。
閉じる
予約受付TEL:093-871-2760
予約受付時間:13:00~17:00
※前日の予約受付は15時迄です
午前9:00~12:00 (午後は表記が無い限り急患対応です)

横スクロールしてご確認下さい

リウマチ・膠原病内科名和田齋藤齋藤名和田齋藤
田中(第4週)
※受付時間は診察時間の30分前までとなります。
※緊急手術等により、診療スケジュールが変更となる場合があります。